電子契約サービスの歴史ってどうなってるの?

電子契約はインターネット上で電子署名を施す契約のことであり、企業がサーバーやクラウドストレージなどに契約のデータを保管しておくことになります。2001年以降に電子署名法や電子帳簿保存法などが整備されたことにより、徐々に企業で活用されるケースが増えていきました。日本では従来は紙と印鑑を使用した契約の締結が一般的でしたが、デジタルが普及する流れが加速している昨今では、より電子契約が身近な存在になってきている筈です。
当事者署名型や事業者署名型といった型が用意されており、初期の頃は当事者署名型が主流でしたが、2015年以降は事業者署名型が主流となっています。当事者署名型の場合は利用者が署名の鍵を準備しなければいけませんし、電子証明書を発行しないといけないのでコストが多くかかっていました。その点事業者署名型であれば法的な条件もクリアをしながら、面倒な手間やコストも軽減させられるので、多くの企業で導入されています。
電子契約に普及率は一般財団法人日本情報経済社会推進協会が調査をしており、40%以上の企業がすでにサービスを利用しており、尚且つ検討している企業も20%以上存在する状態になっています。つまり企業の半数以上は導入か、導入を検討する段階になっており、早めに導入を検討しておいたほうが、時代の流れに遅れずに済む筈です。
一昔前であれば会社に社員が出社をする形で仕事をするのが当たり前でしたが、現在ではテレワークで働くようなケースも増えてきており、今後はより普及率が上昇していくと考えられています。電子契約のサービスを導入するときに、どこのサービスを利用すればいいのか悩ましいですが、クラウドサインが人気があるのでおすすめできます。クラウドサインは2015年の10月からサービスを開始している会社ですが、2020年時点で10万社以上が導入をしていますから、実績も豊富です。
クラウドサインは人気の高い事業者署名型のサービスを用意しており、電子証明書を取得せずに電子契約サービスを利用できますから、コストを軽減するためのサポートを受けられるのがおすすめできるポイントになります。また実際にサービスを導入するときの費用も無料になっているので、費用を気にせずにお手軽に導入できる所も人気に繋がっている可能性が高いです。更に大企業だけでなく個人事業主などの小規模な事業者でもサポートしてくれるので、幅広い組織を助けてくれます。
サービスを導入することで契約締結までのスピードを上げることもできますし、管理や業務の効率も向上させることが可能です。時代が進み2020年4月には契約方式の自由が改正民法に明記されましたから、契約を成立させるときに書面は必要ないことが明文化されています。契約を大量に結ぶ必要がある仕事をしている場合は、早めにクラウドサインなどでサービスを導入しておくことで、大きな経費削減に繋げられますから経営効率を向上させられる筈です。
訪問販売や電話勧誘販売などの一部の契約については従来通りに書面での契約が求められる可能性が高いので、自分の会社の契約がサポートして貰えるのかを把握しておくのが大切になります。その点も電子契約のサービスを提供している会社に相談をすることで、導入できるのかを教えてくれる筈です。契約相手もデジタルで契約を結べたほうが便利なので、そのような会社のサービスを利用すると考えられます。
パソコンだけでなくスマートフォンでもサービスを利用することができますから、これからの時代には欠かせない存在です。国自体がデジタル化を推進しいる現実もあるので、今後はこの契約が当たり前になっていく可能性が高いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました